重要なお知らせエリアを非表示

cafe&books bibliotheque ONLINE STORE

BOOK / 【サイン入り】伊藤紺 歌集『気がする朝』

¥1,870

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「cpcenter.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「cpcenter.net」を許可するように設定してください。

※伊藤紺さんのサイン入りです。限定数での販売となります。お早めに!※

『肌に流れる透明な気持ち』、『満ちる腕』(ともに短歌研究社刊)につづく、伊藤紺さんの第3歌集です。
100をこえる掲載歌からは、伊藤さんの日々のなかにあるきらきらと輝く瞬間を感じることができます。ああ、こんなことってあるよな、と共感できる歌もたくさんです。

歌集のデザインは、伊藤さんとの最強タッグでもある脇田あすかさん。
表紙からは、あたたかな差し込む光を感じます。

いつでもそばに置いておきたくなるような、そんな一冊です。



〈著者より〉
12月、ナナロク社より
3冊目の歌集『気がする朝』を刊行します。

掲載歌は102首。
その半分以上がまだどこにも出ていないあたらしい歌です。

2023年はわたしにとって、
もっとも短歌と向き合う年になりました。
歌のひとつひとつに今までなかった発光を感じ、
これが、自分の光なんだと気付きました。

この本を書けたこと、一生誇りに思う。
わたしの最高傑作です。

伊藤 紺


〈掲載歌〉
親しい会話がしたい 水のペットボトル持って 好かれてるに決まってて
駅まではいつもぴったり8分であなたに会わなくなってから2年
この人じゃないけどべつにどの人でもないような気がしている朝だ
さみしくはないけど一人暮らしのこんなにも小さな燃えるゴミ
海を見た日は胸に海が残ること ふつうに人を信じてること
その曲が始まるとみんな喜ぶというよりすこし美しくなる
僕らいっせいに喜び合って生きものは愚かなほうがきれいと思う


著者:伊藤 紺
デザイン:脇田あすか
サイズ:B6版並製



Profile
伊藤 紺(いとう・こん)

1993年生まれ。歌人。2019年『肌に流れる透明な気持ち』、20年『満ちる腕』を私家版で刊行する。22年両作を短歌研究社より新装版として同時刊行。23年脇田あすか、穂村弘、坂巻弓華との展示「ことばとえの4人」(OFS GALLERY)ほか、NEWoMan新宿ショッピングエリアでのコラボ特別展示「気づく」など。
Instagram @itokonda



- - -
※下記、ご了承の上ご購入お願い致します。
・実店舗にて販売もしておりますので品切れの場合もございます。
・PC画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
・ネコポスご希望お客様は、日付指定は無効とさせていただきます。ご了承くださいませ。
- - -

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。

  • ネコポス便(ポスト投函)

    ポストへの投函となりますので、日時指定は無効となります。ご了承くださいませ。

    全国一律 ¥410
  • 宅配便

    ヤマト運輸または佐川急便にてお送りします。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥900
Related Items関連商品
  • BOOK / YUTAKA KAWAI something/anything
    ¥2,200
  • BOOK / Kayo Kaneko 「floaty」
    ¥2,000
  • BOOK / UNION issue 18
    ¥3,850

ショップの評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。